FC2ブログ

台所での腰痛予防

台所仕事は、以外と中腰の姿勢が多く、腰への負担が大きい。

予防法としては、小さな踏み台を用意しておいて、片足を上げながら料理をすると、腰が真っ直ぐ伸びて楽ですよ。

大きいものが置けない場合は、竹ふみ用の竹でも代用できます。
スポンサーサイト



筋・筋膜性の腰痛

このタイプの腰痛は、腰痛の中でも、比較的軽い腰痛で、治りも良いタイプです。 急激に痛くなるタイプとジワッと痛くなるタイプの2つに別れます。 急激に痛くなるタイプはぎっくり腰との見分けが大事になりますが、動けないほどの痛さでなければ、こちらのタイプでしょう。 湿布なども有効ですが、長引いて筋肉の損傷範囲が大きくなると治りも遅くなりますので、早めの治療がお薦めです。 自分で出来る対策は、しっかり冷やすこと!! 腰をじっくり触ってみると、ちょっとした熱感があるところが発見できたら、湿布などで冷やしましょう~>^_^<

天気と腰痛

天気が悪いと腰痛が悪化する人がいます。痛み全般に言えることですが、天気が痛みや不調に影響を及ぼすことは、科学的にも証明されています。気温や気圧の微妙な変化が、体調に影響を与えます。
やはり免疫力が下がると、その変化が大きく表れやすくなるので、免疫を高める治療をすると、こねタイプはよくなります。

慢性的な腰痛

腰痛は、様々なタイプがあるが、原因がはっきりしない、慢性的な腰痛もある

様々な検査をしても、はっきりせず、痛みも我慢できるぐらいで、日常生活はできるが、なにかをやると痛くてできない。 こういったものは、西洋医学では、見放せれがちである。 東洋医学では、腎虚という状態です。 しっかり、身体の元気を養う治療をすると、良くなります。 治療の目安は3ヶ月ぐらいが普通です。 思い当たる方は一休へ是非相談してください

夏の腰痛にご用心

夏になると、意外と、ぎっくり腰が多くなる。
何気ない動作でおこる、ぎっくり腰だが、原因は
必ず、症状として、前から現れているものである。

冷たいものを食べ過ぎた。
おなかをだして寝てしまった。
海や川で長時間遊んだ。

ぎっくり腰には、やはり鍼灸が効果てき面だ。
よく使うつぼは、

やはり 腰たい点だろう。

手にあるツボだが、ぎっくり腰には、びっくりするぐらい効く。

とにかく、ちょっとでもクッキとなったら、早めに治療することだ。


youtuu
Facebook
Tsuburai Kazumasa

バナーを作成
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

鍼・灸サロン一休

Author:鍼・灸サロン一休
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード